電車情報局

通勤中の電車でヘッドホンをしてみよう!

通勤中の電車内ってどこか退屈ではありませんか? スマホでネットを閲覧しても充電が気になってしまってなかなか手を出せないなんて方も少なくないと思われます。
そんな電車の中の退屈解消に音楽を聴いてみてはいかがでしょうか? 音楽に集中できるので通勤時間が短く感じるのはとても魅力的です。
他にも、他人の乗客の話し声が気になったりすることもありませんし、いままでより通勤時間がより一層快適になります。
ヘッドホンをしてしまったら、駅員さんのアナウンスが聞こえなかったり、停車駅を間違えてしまったりしないの?といった疑問を抱く方もいるでしょう。
しかし、最近のヘッドホンはリモコン付きであったり、利便性が充実しています。
わざわざ端末に触れずにボタン一つで音量調節、再生、一時停止から早送りや巻き戻しまでスマートに操作できます。
これで駅員さんのアナウンスを聞き逃す心配はなくなります。
ただし、音楽を大音量で聴いているとどうしても音漏れの可能性が出てきてしまうので音量には十分な注意が必要です。

電車内がうるさいならヘッドホンを装着

電車は私達が平日、必ず利用する乗り物です。
基本的に乗り物の車内もまた公共の空間になります。
しかし、最近では公衆道徳の概念が希薄化しています。
電車内で大声で会話する女子高生や主婦、仲間同士で下品な会話を交わす男子高校生やマナーの悪い乗客が目立ちます。
心身ともに疲労している時に、そういったマナー違反の行為を見たり聞くのは酷く疲れるものです。
そんな時は無闇に気を使わず、上手く現実逃避出来るヘッドホンを使いましょう。
今ではワイヤレスで使えるBluetoothヘッドホンもあります。
手元のスマートフォンやタブレットに音楽や動画を用意しておき、遮音性の強いヘッドホンを装着すれば、周囲にうるさい話し声があったとしても平気です。
音漏れを気にして使用を躊躇う方々もいますが、最近の製品は遮音性と共に音漏れ防止性能も上がっています。
余程の音量で再生しない限り、自分の音が逆に迷惑に繋がる事はありません。
音楽と動画視聴はうるさい電車内において、良い意味で情報をシャットアウト出来る画期的なアイデアです。

Favorite

レンタル会議室 八重洲口

2017/6/23 更新