電車情報局

電車で荷物がある時の注意点

電車は、通勤や旅行など移動手段としてよく利用します。
時には、手荷物を抱えて乗ることもあるでしょう。
電車に荷物を持って乗る場合、車輌内が混んでなければいいですが、床に置くのはやめましょう。
電車での乗り降りの時に他の乗客の足にひっかかってしまったりしてとても危険です。
車内のアミ棚に載せられるものは出来るだけ載せておくといいでしょう。
サイズが大きくアミ棚にも載せられない荷物も、時にはあるかもしれません。
その場合には、出来る限り乗り降りする乗客の通行のさまたげにならないように気をつけましょう。
また、乗客の忘れ物に気付いた時は、乗務員に忘れ物を預けておきましょう。
運行中であればアナウンスで持ち主に呼びかけてもらえます。
また中身がわからない不審物をみかけた場合は、触らずに乗務員や駅員に知らせるようにしましょう。
テロの可能性などもないとは言い切れないので、触れずに係員に任せるほうが安全に対処してもらえます。

電車内での荷物を置く場所について

旅行の際などに電車に大きな荷物を持って乗ることもあります。
網棚に乗せることが出来る大きさのものでしたら、そこに乗せた方がベターでしょう。
社内が混んでくると座っている足もとに置いていても邪魔になりますし、座れなかった場合ならなおさらです。
ただし、網棚に乗せる際は荷物がバランスを崩して落ちてこないようにだけ気を付けておくようにすると良いでしょう。
また、網棚の乗らないような荷物を持って電車に乗る際は、降りる駅まで遠い場合はなるべくドア付近に立たないようにする配慮を持って乗車したいものです。
ドア付近は乗降するお客さんで急いでいる人がいる場合に非常に邪魔になります。
従って車両と車両のつなぎ目の近くなど、駅に着いてもまわりの動きが少ない場所を選んで乗りたいものです。
また、可能ならば乗車時間にも気を付けたいもので、通勤通学の時間にはなるべくぶつからないようにし、それらより若干早めか遅めでスケジュールを立てることも悪くありません。

おすすめWEBサイト

2019/3/18 更新